スーパーエンジニアリングプラスチック球

球体から無限の可能性を生み出す
スーパーエンジニアリングプラスチック球

エンジニアリングプラスチックの中でもさらに熱耐久性が高いものをスーパーエンジニアリングプラスチックと呼びます。熱変形温度は150℃以上であり、高温環境下において長時間の使用に耐えられます。エンプラとしての機械的強度だけでなく、高い耐熱性を必要とする機器等の部品としても役立ちます。


球の種類と特徴

テフロン®球 ◆テフロン®球
フッ素樹脂とは正式名称はポリテトラフルオロエチレン(Poly Tetra Fluoro Etylene)と呼ばれ頭文字をとって"PTFE"と呼ばれます。フッ素樹脂(PTFE)は半導体工業、精密工業、ハイテク分野では 欠くことのできない材料です。
PEEK球 ◆PEEK球
PEEKの正式名はポリエーテルエーテルケトンと言い、安全衛生性難燃性(UL94 V-0)としてピュアな材料です。ケトンという有機化合物を有しているため、耐熱性と耐薬品性が優れています。
ペスペル®球 ◆ペスペル®球
べスペル®とは、デュポン社が開発したポリイミド樹脂で、超耐熱性と優れた機械的特性をもつ熱硬化性樹脂です。金属やセラミックと同様に非常に過酷な運動環境下でも使用することができます。

  • 規格・精度はこちらをご覧ください。
  • 詳しくは、プラスチック物性表を ご覧ください。
  • 佐藤鉄工は出来る限りお客様のご要望にお応えするように努力致します。
お気軽にご連絡ください。

目次