仁淀ブルーへ行ってみた!

どうもこんにちは!たまたです。

先日、高知県吾川郡いの町にある「にこ淵」通称”仁淀ブルー”に行ってきました

インスタグラムで綺麗な写真をみて一度訪れてみたいと思っていました

にこ淵は仁淀川の支流にあたる「枝川川」にあります。
近年「仁淀ブルー」という言葉が広がるとともに、美しく幻想的なブルーが見られる場所として四国を代表する観光スポットになりました。太陽の光が注ぐ時間や季節による光の角度によって変化する幻想的な青の世界を見ることができます。1年を通して同じ青は見られないと言われるほど、様々な青を見ることができます。

写真はクリックすると大きくなります。

にこ淵

日の光が射してほんとに透き通った青が広がっていました

水の神様の化身である大蛇が棲むところとした言い伝えがある神聖な場所で、訪れた日はとても心地の良い風が吹いていました

仁淀ブルー  

にこ淵へは高知市内から約1時間程山道を進む必要があるので、車で訪れるのがオススメです

ただ駐車場が限られていますのでGWやお盆休みなどは注意が必要かと思います

また急な階段を降りる必要がある為、歩きやすい靴で向かわれることをオススメします

是非一度、訪れてみてください

それでは

にこ淵(仁淀ブルー)

住  所 高知県吾川郡いの町清水上分2976-11
アクセス 伊野ICから約60分
URL

https://www.inofan.jp/spot/recommended/n497/

電話番号 088-893-1211(いの町観光協会)
Category: