巨大LED画面を使う最新撮影技術

こんにちは、まえっちです。

本日は、映画の最新撮影技術を紹介します。

それがインカメラVFXです顔文字(色々な呼び方があります)

簡単に言えば、大きな画面を後ろにおいて背景を自由に変えることができる技術です。


今までは役者がグリーンスクリーンの前で演技をして、背景をCGで作って組み合わせていました。

↓こんな感じです!

VFX


壮大な宇宙から部屋の中の風景まで使われていて、ほぼ撮影スタジオ内で撮られた映画もあります。(Marvelとか)

しかし10分ほどでも数億円かかるシーンもあるとか…。顔文字


そんな中、スターウォーズのスピンオフドラマ「マンダロリアン」で、インカメラVFXが使われて話題になりました。

1部屋ぐらいある大きな画面に背景を映し出し、その中で撮影します顔文字


VFX

VFX


床は砂などを撒いて、天井も画面で覆いつくします。

顔文字顔文字

背景はピントが合っていないので全く気づきません顔文字

しかも、CG処理で一番の難敵、反射やグラスも加工なしで撮ることが出来ます。


VFX


映画からCM、ニュースなどで使われることが多くなってくるでしょう。

背景をよく見ると動画で撮られていることに気づけるかもしれませんね!

これからも新しい技法で、おもしろい作品がもっとでてきてくれることを期待しています顔文字

最後に分かりやすい動画を見つけたので貼っておきます。



それではまた~。顔文字

 

 

Category: