6.熱処理

浸炭焼入れ
浸炭→焼き入れ→焼きもどし(調質)を行った鋼球(パチンコ玉)の表面層は非常に硬く、 内部のC(炭素)%は低くしなやかで強靱な組織であるため、耐久性、反発性が向上します。 ※ 浸炭焼入れは低炭素鋼球の熱処理行程です。
浸炭
荒研磨された鋼球を回転レトルト炉に練炭と一緒に投入し、密閉して炉内を飽和炭素雰囲気の状態で温度を約900度まで加熱し、長時間かけて鋼球の表面から約1㎜程度のC(炭素)%を高めるように浸炭を施します。 もっと詳しく知る
焼入れ
炉内温度を密封状態で焼き入れ可能な温度(約800度)まで下げて、炉内から一気に水槽に鋼球を投入し、急冷して表面の炭素を固定させます。このとき出来た表面の炭素合金が非常に硬い金属です。
焼き戻し(調質)
浸炭、焼きいれされた鋼球を再度、連続テンパ炉に入れ低温(約200度前後)で1時間程度熱処理を行い、徐冷(焼き戻し)し内部の金属組織と硬度を安定させます。
焼入れ鋼球
つまりじゃな、簡単に言うなら、焼きいれと浸炭と言う行程は非常に重要なところなんじゃ。たとえば、刀なども浸炭焼入れしてつくるのじゃが、この行程の良し悪しが、名刀になるかどうかに大きくかかわってくるのじゃ。どうだ、これならわかるかのう?
うん、わかった。とっても大事なところなんですね、浸炭って。博士の頭もいっぱい浸炭したんですね。
うむ、確かに浸炭は時間をかければかけるほど奥まで深くなるのじゃが、長くやればいいというものでもないのじゃ。ベアリング鋼球の場合は基本的には直径の1/3程度の深さが良いと言われているんじゃ。
そっか、すごいんですね! パチンコの玉を造るのにそんなことまで考えてつくっているなんて知らなかったなぁ
更に詳しい説明は「熱処理の豆知識」ページにもあります