観光・旅行

こんにちは

天神祭りに行ってきました。

データが消えてしましました。
画像データは残っているので時間のあるときに作成します。

連休明けそのまま東京出張で上野にいきました。

上野駅の中央改札を出た所に写真の神輿(みこし)「千貫神輿」が展示してありました。
大阪はだんじりが多いのであまり神輿を見たことが無いので、思わず写真を撮ってしましました。
神輿のかざりや彫り物はすごいです。
写真では良く分かりませんが、てっぺんの鳳凰はすばらしいです。

三社祭の時に使う物だと思っていたら下谷神社の神輿(みこし)で、かなり歴史のある祭りのようです。

祭り好きの下町で、ここの祭りが一番最初の祭りだそうです。

開催期間】 2008年5月9日(金)~11日(日)
【会  場】 下谷神社
【お問合せ】 03-3831-1488

京都の西京極競技場にサッカーの試合観戦に行った後、山崎まで行って美術館と工場見学をしてきました。

まずアサヒビール大山崎山荘美術館を紹介します。

この山荘は実業家、加賀正太郎氏によてって建てられ、その後アサヒビール㈱の社長によって修復され、美術館として開館したそうです。

本館と新館があり、本館にはアサヒビール初代山本社長のコレクションが展示されていて、
新館は、安藤忠雄氏が設計した近代的な建物の中に、クロード・モネの絵画などが展示されています。

山荘の入り口にはトンネルがあり、そこから山荘までの道中の景色もすばらしいです。

小さい写真をクリックすると写真が大きくなります。

先日テレビで大阪の珍名所で難波八坂神社が紹介されていたのでビックリしました。

神社の前にある場所は難波の元町と言う所で、パチンコ関係の会社がたくさんあるところです。
お得意先に行くときいつも神社の前の100円パーキングに車を止めているので、私にとっては普通の風景だったので気にもしていませんでしたが先日通りかかったので写真だけ紹介します。

初めて大獅子殿を見たらびっくりするかも知れません。
獅子舞をモチーフにしているみたいですが詳しい事は調べて下さい。

興味のある方、近くに行った時に立ち寄って下さい。(難波駅からすぐです)

番組が終わってしましたが、最後に明日香方面を紹介します。

奈良市内から橿原神宮を越え明日香までに稲田の棚田があります。
もうすぐ棚田一面が菜の花で覆われるそうです。

棚田

道中イチゴ狩りができるビニールハウスがあり、このあたりのイチゴは「明日香ルビー」と言うブランド名で販売されています。

まずはじめに、明日香資料館に行きました。

写真をクリックすると写真が大きくなり、スライドショーで見ることができます。

朱雀門の続きで奈良市内を紹介します。
近鉄奈良駅から歩いて行くと一番はじめに興福寺と五重塔が見えてきます。

もうこのあたりに来ると鹿がうろうろしています。
奈良県民にはMy鹿がいるとか、駐鹿場があるとか思っている人がいるようですが、そんな話はデタラメです。

興福寺・五重塔

このあたりから鹿がウロウロしています。
興福寺の敷地内に食事やお茶が飲める茶屋があったので入ってみました。
案内された部屋は小さな庭がある茶室で、そこで抹茶と暖かいわらび餅を食べました。
ここで使われている茶器や皿は、赤膚焼の陶器です。

小さな写真をクリックすると写真が大きくなり、スライドショーで見ることができます。

鹿男あをによしのTV番組に出てくる所に行ってみようと2日かけて回ってきました。

気候が暖かくなったのとTVの影響で、人が多いのにびっくりしました。
TVの番組に出てくる場所が近いようになっていますが、実際はぜんぶ回ろうと思うと2日では全部回ることはできません。
今回は奈良市内1日、飛鳥地方1日に分けて行ってきました。

昨日の放送で紹介された「朱雀門」です。以前はただの野原だったのですが近年再建されています。
奈良市内からは遠いので電車の場合は近鉄線「西大寺」からなら歩いて行く事ができます。

久しぶりの更新です。

東大阪の名所の一つ司馬遼太郎記念館を紹介します。
私も車で通り過ぎるだけで、今回初めて見学しました。(もっと早く行けば良かったです)


記念館の入り口

司馬先生のことは何冊か本を読んで知っていたのですが、この記念館で新たな発見がありました。

館内は写真撮影禁止なので紹介できませんが、庭から見た先生の書斎を写真で紹介します


自然の庭がお好きだったみたいでイングリッシュガーデンのようになってます。
2月17日が先生の命日だったので庭一杯に先生がお好きだった菜の花で一杯になっていました。

ページ

RSS - 観光・旅行 を購読