グルメ

こんにちは

ある会議のために大分(別府)に行ってきました。
その会議で知り合いになったすごい社長と会社を紹介します。

奥村社長の会社は魚屋さんなのですが、懇親会で話を聞いている時は何をされているのかわかりませんでした。
コンピューターの話になれば、フォートランやコボルのプログラムの話
プラスチックやセラミックの話になれば、化学式で、**酸と**ドキシンは***で反応したら…
懇親会の約2時間、どんな話題になっても奥村社長が中心になっておられました。

周りの雰囲気からも地元ではかなり有名な人だと感じていました。

この人、なにもんやろ?別府の ちょい悪オヤジ? 

懇親会が終わると「別府で一番のクラブにつれていきますが………

社長の呼びかけに数名反応して、社長についていき別府の夜を楽ませてもらいました。
そこで、魚屋さんだとわかりました。

翌日の会議の前に仕事を終わらせて来られていたので、ゆっくり話を聞く事ができました。
365日休み無し、朝の仕入れは必ず社長が行い、魚の調理も社員と一緒に行う…(スゲー!)

インターネットで刺身を販売する事を思いつき、2000年3月頃から楽天市場で販売を開始し、現在では楽天市場でトップクラスの売り上げをしているらしいのです。
魚屋なのに店舗での販売も受注生産で注文を受けてからいけすの魚を調理し、一番美味しくなる時間に取りにきてもらう。インターネットで受注した商品は、食べごろに到着するように発送する。

こんにちは

先日、東京出張の帰りに少し時間があったので、ダイヤモンドムーンに行ってきました。
ダイヤモンドムーンとは、永ちゃん(矢沢永吉)のオフィシャルショップで、矢沢永吉グッズが買える唯一のショップです。

以前から行きたいな~と思いながら行っていませんでした。
今年コンサートが中止になった事もあり、絶対に行こうと地図を用意し、探しながら暑い中歩いて行きました。

先週末にいとこが海外に転勤になるので、ガーデンパーティに招かれて行きました。

この家は以前から庭の手入れが趣味だと聞いていたのですが、入り口の門から薔薇が出迎えてくれました。

門をあけて中に入るとビックリ!薔薇づくしです。

小さい写真をクリックすると写真が大きくなります。

大阪名物くいだおれが閉店すると言う事で写真を撮りに行きました。

大阪と言えばグリコのネオン、かに道楽のカニ、くいだおれの人形、ずぼらやのふぐが有名ですが
その中でも大阪の代表№1のくいだおれ太郎が居なくなってしまうのはとても寂しいです。

いつも見ている太郎ですが、よく見ると意外と男前だったんですね。

小さい頃、数回しかくいだおれで食事したことが無く・・・・・・

申し訳ない・・・・ごめん太郎

26日~27日に福井県に出張に行くことになって、いつもは車でい行っているのですが、今回は雪のため営業部のものと二人で電車で行くことにしました。

最近は電車に乗る機会が無いので、久しぶりの「雷鳥」を見て昔と変わっていなかったので写真撮影しました。


 

大阪駅で撮影した「雷鳥」

今回仕事が終わってから大阪を出発し、お得意様と夕食を一緒にし、翌朝から会議という楽しい出張でした。

今回の夕食はお得意先の常務さんが予約して下さったお店で、日本海の海の幸を肴に美味しいお酒と一緒にいただきました。
そのとき出てきた料理ので福井県の名物「へしこ」を大根おろしと一緒に食べたのが大変美味しかったので、私たち二人とも土産に買って帰りました。

昨日、オープンだったのでまた友人と行ってきました。
年末からお酒を飲む機会が多くなっているのですが・・・・・・
マスターからブログで紹介して欲しいと言われたので写真も大きくして、モザイクなしで紹介します。


7時開店前の少し緊張ぎみのマスター


開店前のステージ


正気のマスターと泥酔?のMr.Nさん


Nさんが作ったビアグラス
  
マスターから
「このビアグラスは店のグラスより大きく普通の1.5倍入るからこれでビールは飲まさない!」と言われました。
「でもそんなの関係ね~。」とNさんはマイグラスでガブガブ飲んでいました。

佐藤鉄工では、毎年1月15日(小正月)の松の内に、会社に飾っていたお鏡を開きます。

佐藤鉄工の支払日が偶然15日なので、集金に来られた人や社員全員で会長の奥さんが作ったぜんざいに入れて食べます。いつまで続けられるかわかりませんが、昔から恒例行事になっています。


2008年のお客さん用ぜんざい
知らないで昼一番に集金に来られた人やダイエット中の人は困った表情になりますが、「縁起ものだから」と言って食べて帰ってもらいます。知っている人はだいたい3時前後に来られます。

鏡餅は年神様が宿るところだと考えられ、年神様の力が宿った鏡餅をいただくことでその力を授けてもらうとも言われます。(ちみに、今年最高は現場の若手が6個餅を食べました。)

このブログで知った人は次の機会(来年)この縁起のよい?ぜんざいを食べに来て下さい。
1月15日のオープン前にマスターの友人が集まりる新年会?プチ同窓会に行きました。

マスターとは小学生からの友人で、昔からフォークソングが好きで、飲んで、歌えて、演奏できる。こんな酒場に憧れていたみたいで、今回やっと夢がかなったみたいです。

店はフォーク酒場「マスターの独り言」で、今日一緒に参加する友人が今日の昼に看板を取り付けたり、また他の友人が昼から掃除や宴会の準備してくれたそうです。
店にはギターやドラムが準備されていて、自分で演奏して歌えるステージがあります。

アンプやミキサーなどのPA設備やステージ照明もあり、お客さんの前で歌うとプロの歌手になったような錯覚がおきてクセになるかも?
店のコンセプトは「フォーク全盛期に青春時代を過ごした人達が、青春時代にタイムスリップするような憩い場所」と言う事です。今回は同級生だけ集まったので、本当にタイムスリップしたみたいで、時間を忘れて遅くまで楽しい時間を過ごしました。

月に何回がイベントも行われるみたいで、東大阪(布施)の穴場スポットになるかも・・・・・・?

ページ

RSS - グルメ を購読