鋼球

球体から無限の可能性を生み出す
鋼球 佐藤鉄工で製造される鋼球(スチールボール)は 高性能ボールヘッダーマシンによって作り出された圧造ブランク球を、独自の研磨システムにより球状化し、熱処理がほどこされ高品質、高精度を保ちます。最も代表的なものは、ボールベアリングで、ベアリング、産業機械、輸送機械、回転部分に使用されています。回転体以外にもボールバルブや車のエアーバック装置などは高い真球度を利用した製品です。このように私達の生活の中で何気なく使われています。

鋼球の種類と鋼球の用途

ベアリンク用の鋼球は材質の違いによって、大きく分けてクローム球とカーボン球の2種類に分けられます。

玉軸受用鋼球(クローム球) 玉軸受用鋼球の材料はベアリング鋼と呼ばれる耐摩耗性が大きい高炭素高クロム鋼材(JIS G 480のSUJ-2)を使用しています。一般にはベアリングに多く使われるので、ベアリング鋼球とも言われています。 主としてボールベアリングに用いられます。また、あらゆる産業機械の回転部分に使用されています。

玉軸受用鋼球の用途 工作機械用等のベアリング、自動車、バイク、粉砕メディア

炭素鋼球(カーボン球) JIS規格では自転車用炭素鋼球と言われています。材料には冷間圧造用炭素鋼(JIS G 3505のSWRCM10またはSWRCM12並びにJIS G 4051SCK)を使用しています。浸炭焼き入れ処理を施し表面硬度を硬化させ、炭素鋼球として玉軸受用鋼球に準じて仕上げます。

炭素鋼球の用途 自転車用ハブ、キャスター、軽負荷のベアリング、ローラー、パチンコ玉、粉砕用など

※ 鋼球には色々なサイズの標準品があります。 鋼球の寸法表
※ 鋼球には色々な精度の商品があります。鋼球のJIS規格
※ 鋼球の穴加工などもご相談に応じます。
※ ご用命により、焼入れしていない鋼球なども出来ます。
※ ご用命により、鋼球にメッキ処理なども出来ます。
※ 鋼球のサイズ表にあるサイズでも在庫の無い物や製作していないサイズもありますのでお気軽にお問い合わせ願います
佐藤鉄工は出来るかぎりお客様のご要望にお応えするように努力致します。