プラスチック球の規格精度

信頼と安心の品質
佐藤鉄工で作られるプラスチック球や鋼球などの球体製品は、お客様に安心して使って頂けるように、 製造工程を標準化し、最終の検査に合格したボール(球体)だけをが出荷されると言う 徹底したQC工程管理の中で製造されています。 厳しい品質管理、厳しい検査に合格したプラスチック球(プラスチックボール) だけが、お客様に届けられます。

    寸法検査:自動寸法検査機による全数検査 製造行程
    表面検査:目視検査による全数検品

また、長年にわたるプラスチック素材の研究、特殊素材の球研磨加工の経験から、寸法測定なども弊社独自で開発した球体測定器で検査し管理されています。



佐藤鉄工の品質保証の基本は「お客様に安心していただく」こと「佐藤鉄工だから」とお客さまに安心して使って頂ける商品をお届けすることす。

プラスチック球の寸法精度規格

単位:(μm)
呼び
(inch)
直径の寸法差 ロット内相互差
(最大)
真球度
(最大)
精密球 上級 精密球 上級 精密球 上級
3/32・1/8・5/32・ 3/16・7/32・1/4 ±20 ±50 7 10 5 5
 9/32・5/16・3/8・1/2・7/16・5/8 10 15 5 7
 3/4 ・ 7/8 ・ 1in 15 20 7 10
※ 各種プラスチック球の標準在庫表
※ ポリプロピレン球は、上記の寸法精度規格には適用していません。(お問合せ下さい
※ プラスチック球以外の球は、すべて鋼球のJIS規格に準じて作られています。
※ 上記以外の精度などのご要望がある場合は、お気軽にご相談下さい。
佐藤鉄工は出来るかぎりお客様のご要望にお応えするように努力致します。