ポリアセタール球

ジュラコン球
ポリアセタール球(ジュラコン球)
ポリアセタール【POM】 汎用プラスチック
ポリアセタールは、各種のエンジニアリングプラスチックのなかで、とくに物性バランスのよいことを特徴とする。高結晶性のプラスチックで、別名をポリオキシメチレンともいいます。 また、ポリアセタールは今日でいうエンジニアリングプラスチックの基本思想「金属に代替し得る特性を備えたプラスチック」を目標に開発されたのが始まりで、従来のプラスチックスの常識を超える特性を備えていたことから、世界の注目を集めたというエピソードが残っています。
ポリアセタール球の用途 プラスチックベアリング、自動車部品、精密機械部品、バルブなど

ポリアセタール球(ジュラコン球)の特性

ポリアセタールは摩擦・摩擦特性に加えて、自己潤滑性という、フッ素樹脂を除く他のエンジニアリングプラスチックにはみられないような特異な機能を備えているが、先に述べたように金属に近い特性を有しています。
  • 機械的強度と合成にすぐれている
  • 耐疲労性にすぐれている
  • 摩擦係数が小さく、耐磨耗性にすぐれる
  • 寸法安定性にすぐれている
  • 耐油、耐薬品性にすぐれている
  • 使用可能な温度範囲が広い(-40~+150℃)
※ 詳しくは、プラスチック物性表をご覧ください。
※ ポリアセタール球(ジュラコン球)は各種サイズの標準品在庫があります。
※ ポリアセタール球(ジュラコン球)はご用命により着色、メッキ、テフロンコーティングなどの特殊表面処理も致します。
※ ポリアセタール球(ジュラコン球)の規格外サイズ・製造ロット数量はご相談に応じます。
佐藤鉄工は出来るかぎりお客様のご要望にお応えするように努力致します。