超高分子量ポリエチレン球

超高分子量ポリエチレン
超高分子量ポリエチレン【UHMWPE】
超高分子量ポリエチレンは化学組成は汎用ポリエチレンとまったく同じだが、分子量が汎用ポリエチレンの10倍以上あり、構造部品あるいは機能部品を対象とするエンジニアプラスチックスの中の一つに加えられています。 一般グレードのほかにガラス繊維、炭素繊維などの強化材による補強、そして過酸化物を使用する架橋改質も行われています。

超高分子量ポリエチレン球の特性

  • 耐磨耗性にすぐれている
  • 耐衝撃性にすぐれ、特に低温においてもその特性を保持する
  • 摩擦係数が小さく、すぐれた自己潤滑性を示す
  • ほとんど吸水せず、耐化学薬品性にすぐれている
  • 密度が1.0以下で、他のエンジニアプラスチックスに比べて軽量である
  • 電気的性質にすぐれている
  • 衛生的に安全無害,食品安全性樹脂です
  • 燃焼によって有毒ガスの発生がない
※ 詳しくは、プラスチック物性表をご覧ください。
※ 超高分子量ポリエチレン球はすべて受注生産になります。
※ 量産品以外は、丸棒から製作致しますので、少量でも対応できます。
※ ナチュラルグレードのほか炭素繊維強化グレードもご用意できます。
※ お客様からの支給材も加工致します。(お問い合わせ下さい
佐藤鉄工は出来るかぎりお客様のご要望にお応えするように努力致します。