PEEK球

ポリエーテルエーテルケトン
ピーク球
PEEK【ポリエーテルエーテルケトン】 汎用プラスチック
PEEKの正式名はポリエーテルエーテルケトンと言い、英国ICl社が開発した全く新しいスーパーエンジニアプラスチックで、耐熱性、機械特性及び耐化学薬品性などの特性があり、安全衛生性難燃性(UL94 V-0)で、燃焼時の発煙量も少く、ガス、イオン、分子等の溶出が非常に少ないピュアーな材料です。 また、PEEKは射出形成が可能で、金型内で結晶化するので寸法精度が高く、アニール処理や切削加工などの後処理がいらないことで注目されています。 ※ PEEKは、(Poly Ether Ether Ketone)の略です。
PEEK球の用途 ベアリング、半導体LCD洗浄装置、分析装置、環境測定機器、クリーンガス・空気ラインで使用されています。

PEEK球の特徴

PEEK(ポリエーテルエーテルケトン)は、エンジニアリングプラスチックのなかで高いレベルの耐熱性と耐磨耗性を有しており、新素材として幅広い用途に使用されています。
  • 耐熱性に優れ、連続使用温度は、240℃と高い結晶プラスチックである。
  • 耐熱水性に優れ、200℃~260℃のスチーム中で連続使用可能である。
  • 短時間であれば300℃に耐える、最高の耐熱水性を有している 。
  • 耐薬品性に優れ、中でも高温時の耐酸性、耐アルカリ性に優れている。
  • 耐クリープ性では、高いレベルの繰り返し応力に優れている。
  • 耐放射性は非常に良好である。
  • 耐磨耗性にすぐれている。
  • 電気絶縁性にすぐれている。
※ 詳しくは、プラスチック物性表をご覧ください。
※ 弊社のPEEK標準品は、日本ポリペンコ社のPEEK PK-450 (ナチュラルグレード)です。
※ ナチュラルグレードのほか炭素繊維強化グレードもご用意できます。
※ 規格外サイズ・製造ロット数量はご相談に応じます。(お問い合わせ下さい
佐藤鉄工は出来るかぎりお客様のご要望にお応えするように努力致します。