鏡開き

佐藤鉄工では、毎年1月15日(小正月)の松の内に、会社に飾っていたお鏡を開きます。

佐藤鉄工の支払日が偶然15日なので、集金に来られた人や社員全員で会長の奥さんが作ったぜんざいに入れて食べます。いつまで続けられるかわかりませんが、昔から恒例行事になっています。

ぜんざい
2008年のお客さん用ぜんざい
知らないで昼一番に集金に来られた人やダイエット中の人は困った表情になりますが、「縁起ものだから」と言って食べて帰ってもらいます。知っている人はだいたい3時前後に来られます。

鏡餅は年神様が宿るところだと考えられ、年神様の力が宿った鏡餅をいただくことでその力を授けてもらうとも言われます。(ちみに、今年最高は現場の若手が6個餅を食べました。)

このブログで知った人は次の機会(来年)この縁起のよい?ぜんざいを食べに来て下さい。
Category: 

コメントを追加

Plain text

  • HTMLタグは利用できません。
  • ウェブページアドレスとメールアドレスは、自動的にハイパーリンクに変換されます。
  • 行と段落は自動的に折り返されます。
CAPTCHA
この質問はスパムの自動送信プログラムを判別するためのものです。